コメントする

ロシアの論理

東西ドイツを隔たベルリンの壁崩壊に絡んで、数日前に日本のTVがロシアの大臣にインタビューしていた。

「東ウクライナの独立運動と戦闘は、東西ドイツの統合よりマシである。東ウクライナは住民の投票によって進む道が選択されている。その点、東ドイツ国民の意図は関係なく統合は行われた。云わば西ドイツによる東ドイツの侵略占領である。」

ロシア要職の人(名は忘れた。)の発言だから驚いた。そういう歴史の見方もあるのか、我々西側論理に毒されているのかね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。